BTS防彈少年団バンコクへEPILOGUE IN BKK チケット ハイタッチ会も?(8/6、7更新)

スポンサーリンク

BTS防彈少年団(バンタン)メンバー、バンコクへ

 

いよいよ、Epilogue in Bangkokです。

アジアツアー、日本を除き、最後の公演が

明日、タイの首都、バンコクで開催されます。

 

 出典 googlemap

 

開催日時 会場

8月6日(土)

開場 15時

開演 17時

会場 フアマーク・インドアスタジアム ラムカムヘン

8月4日 出国

 

昨日、朝から、ICNを出発する様子が、

画像をお借りしました。

(こちらの空港写真は、マスターさん撮影

による写真ですので、二次加工禁止です)

※画像出典 Twitter

そして、メンバーからのTwitter写真も。

搭乗中の、飛行機の中からのようです。

https://twitter.com/BTS_twt

 

その後、タイのバンコクに到着。

本日になり、画像がupされ始めました。

ジョングクの、手の傷絆創膏が気になりますね、、、。

手のひらにも傷跡らしきものが(>_<)

痛々しい、、、。頑張って!!

 

 

press conferenceの様子

 

 

夕方より、新たな写真、動画が

upされています。

※動画をお借りしましたhttps://youtu.be/JP7lFpLhkQ8

8月5日 会見はスコールで中止??

 

Twitterより、5日、現地からのレポで

「スコールのため、会見会場が、壊れて会見中止」という声が、、、。

 

19時頃の情報です。タイは、今、雨季なんですね。

※画像をお借りしました

16時半から予定されていた記者会見は、開始

時間直前からのスコールで中止だった

のだそう。
上記の画像は、写真撮影のため、一瞬顔を

見せてくれた時の様子のようです。

 

 

開始何時間も前から、待っていたARMYさん

ちょっと残念だそうでした、、、。

 

でも、ほんのすこしでも、顔が見られて

良かったですね。

 

 

記事後半に続きます~

スポンサーリンク

 

 

チケット ハイタッチ会も?(チケット代行情報)

 

さて、こうして、アジアツアーについて

追っていくと、コンサート観覧チケット事情が

随分日本とは、違っていることが分かります。

以前、中国公演の記事にも載せましたが

Epilogue in Bkk(バンコク)でも、席に

よって、価格に違いがありますね。

 

代行さんからの画像をお借りしました。

↓ ↓

 

チケット参考価格(日本の代行例)

ピンク色エリア 最高額指定シート28000円 (手数料 送料込)

イエローエリア アリーナ、スタンド 24000円 (同上)

 

ピンク色のエリアが、送料込で、若干高額で「特典付き(抽選)」と書かれている

代行さんもありました。

 

以下省略

 

1次募集は6月初旬だったようです。(12日着金分まで、と記載がある代行さんもありました)

やはり、日本同様、2か月前には、募集がかかるようですから

ご興味ある方は、「BTS チケット代行」等と、検索してみてください。

 

いくつかヒットするはずです。

 

私は、実際自分で、代行で渡韓した経験がありませんので

こちらで、特定の代行業者さんをお勧めはできません。

申し訳ありません。

 

防弾少年団からのメッセージ動画

 

 

こちらの、動画は、タイのARMYさんに向けて

のメッセージですが、最後に、チケット価格の

お知らせもあります。(笑)

↓ ↓

 

コンサートは8/6予定通り開演

 

19時過ぎ

現地マスター様か?ファンベース(情報垢)か。

不明ですが、バンコク公演の様子が、Twitterにupされ始めました。

https://twitter.com//status/761867962353614848

 

23時頃には

ライブ終了後の、バンタンメンバーから

嬉しいTwitterが。

バンコク公演は、紫色なんですね。
日が変わり、8月7日、朝には、もう

バンコクを出国する姿がマスターさんから

あげられました。

早いですね。

3時頃、動画Twitterもあがっていたのですが、、、。
お昼頃には、韓国仁川空港に到着した様子が

あがりました。
同じ頃、韓国と日本を行き来していた

他のグループは、合間のオフ日に

ショッピング等を楽しむ様子が

Twitterであがってきていますが

バンタンは、ほとんどそのような声を聞きません。
スケジュールが詰め詰めのように感じます。
私がとやかく言うことではないですけどね。
本当にお疲れ様でした。

スポンサーリンク


免責事項
当ブログ記事の内容は、信頼できると考える原資料およびその他の情報源から作成しておりますが、 その正確性、有用性等のいずれについても保証するものではありません。 何らかの不都合・不利益が発生することが生じても、理由の如何を問わず、責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

関連記事

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る