iKON (アイコン)Popteen (ポップティーン) 入荷~MIX & MATCHも。ハンビンは怪我?(※9/29、10/6追記)

スポンサーリンク

iKON (アイコン)限定版表紙のPopteen  (ポップティーン)入荷しています!!

 

iKON (アイコン)限定版表紙の

Popteen Special Edition (ポップティーン スペシャルエディション) 2016年 11月号

が、ずっと売り切れ状態でしたが

注文可能になっています!!

 

Amazon

↓ ↓

ポップティーンの、公式Twitterによると

先週

Amazonではすでに品切れ中!

来週以降で追加受注の対応をするよ!

から

【Popteen11月号 スペシャルエディション版】 在庫切れとなっていた11月号、iKONが表紙の限定版が…Amazonで追加受注できるようになりました❣✨ みんな急いで注文してGETしようっ

と、新しいツイートへ。

 

ポップティーン公式Twitter

↓ ↓

@Popteen_jp

 

 

まだ、販売前ですから、記事内容や、ボリュームは

は分かりませんが、魅力的な内容なのでしょうか。

 

ポップティーン自体が人気の高い雑誌ですからね。

 

ティーンに人気のPopteen  

(ポップティーン)

 

ポップティーンは、私が、高校生の頃からある雑誌です。

 

10代中心の、ガーリー、ティーン向けの雑誌ですから

40代の今となっては、中を開いてみようとは

なかなか思わないのですが (笑)。

 

ただ、「セブンティーン」と並んで

娘世代に人気があるのは

すごく感じます。

 

ファッション誌発行部数ランキング(一部抜粋)

1位 『InRed』(宝島社) 260,085部
2位 『sweet』( 宝島社) 242,567部
3位 『MORE』(集英社) 2313,28部
4位 『VERY』(光文社) 230,324部
5位 『non・no』(集英社)  227,379部
6位 『Seventeen』(集英社) 201,371部
8位 『with』(講談社) 185,118部
12位 『ViVi』(講談社) 178,671部
13位 『STORY』(光文社) 169,448部
16位 『steady.』(宝島社) 144,758部
18位 『CLASSY.』(光文社) 141,528部
20位 『BAILA』(集英社) 130,233部
22位 『ポップティーン』(角川春樹事務所) 113,079部
25位 『AneCan』(小学館) 107,919部

引用元-ファッション系統分類図と主なブランド一覧&ランキング

 

(私は、4位 『VERY』(光文社)が好きです)

 

 

iKONとは?

 

MIX&MATCHで、iKON誕生までの道のりが分かる

 

2015年9月にYGからデビューした7人組グループです。

2014年にデビューを果たしたWINNERと、

M netのサバイバル番組※で共演し

その時は惜しくも敗退し、1年遅れでデビューしました。

 

※現在、M netのサバイバル番組は再放送されています。

涙なくしては見れません・・・。

↓ ↓

MIX & MATCH

 

全9回 既に、3回までは放送終了していますが

全部通しで観たい、という方は

格安で、DVDも販売されています。(2枚組です)

↓  ↓

 

※ テレビの放送画像と比べると、荒いですし

翻訳も、一部不自然?な部分がありますが・・・。

ただ、販売店では、日本語対応で、怪しい部分はありませんので

気になる方は、購入前に、ご自身で問い合わせしてみてくださいね。

 

iKONは、BIGBANGの系譜を継ぐ?

 

iKONは、HIPHOPテイストをコンセプトにしたグループで

「BIGBANGの系譜を継ぐ次世代モンスターグループ」と

よく表現されます。

 

メンバーは、ほとんどが

二十歳前後ですが

メンバーが作詞作曲等のプロデュースを手がけたり、

ストイックに練習に励む

お互い指導しあう、等。

 

また

他のHIPHOPグループに無い所は、全員

ダンスがキレキレなのです。

 

非常に、才能あふれ、そして、雑草のように

踏まれても踏まれても、のし上がってきた

逞しさと、その中で培われたチームワーク、絆が

素晴らしいグループです。

 

今年、日本デビューしたばかりですが

そのずっと前からついてきた多数のファンに加え

新たなファン層が広がり、大人気ですね。

 

日本デビュー1周年

 

9月15日が、「イルデ」

そう、日本デビュー1周年でした。

早いものですね。

 

 

記事後半に続きます~

スポンサーリンク

 

ハンビン、目を負傷?

iKONのリーダー

B.I(ハンビン)が、9月24日~9月25日に

名古屋の日本ガイシホールで開催される

「iKON JAPAN TOUR 2016」を負傷のため

欠席することが発表されました、

 

公式発表

↓ ↓

【ご報告とお詫び】iKON メンバー B.Iについて

いつもiKONを応援頂き、誠にありがとうございます。

9/24(土)・9/25(日)に開催されます『iKON JAPAN TOUR 2016』名古屋公演において、メンバーB.Iが怪我のため、本来のライブパフォーマンスが困難な状況である事が分かりました。
医師の診断の上、出演は致しますが、楽しみにして頂いておりましたファンの皆様へ本来のパフォーマンスをお見せする事が出来ない事をお詫び申し上げます。

尚、本件に関してチケットの払い戻しは対応致しておりませんので、ご了承ください。

リハーサル観覧、オフィシャルハイタッチ見送り、集合撮影会は不参加とさせて頂きます。
何卒、ご理解頂けますようお願い申し上げます。

iKONスタッフ一同

ツイッターレポによると

欠席はせず、途中から、ステージに姿を見せた

ようです・・・(T_T)

 

眼帯をしているため、激しいダンスパフォーマンスはせず

「目が見えない~。笑」と言っていたそうです。

 

もう片方の目もよく開いていなかったんだとか。

 

※画像お借りしました

出典 ツイッター(マスター様画像ですので2次加工はご遠慮ください)

 

「怪我」との情報もありますが

公式では発表がありませんので

曖昧なことは書かないでおきますね。

 

身体ももちろん、辛いに決まっていますが

人一倍、ストイックでプロ意識の高いハンビン

ですから

笑顔の裏では、どう感じているのか・・・。

 

昨日の映像、画像を見ると

切ないものがあります。

 

1日も早く、回復しますように!!

出来たら、ゆっくり休養してほしいです。

 

iKON (アイコン)限定版表紙のPopteen

再入荷待ち  ➔ 入荷

 

 

iKON (アイコン)限定版表紙のPopteen  (ポップティーン)

↓ ↓

Popteen Special Edition (ポップティーン スペシャルエディション) iKON (アイコン) 2016年 11月号

 

楽天ブックスでは取扱い無しですが

Amazonでは、再入荷しました。

 

 

K-POP  TOP IDOLS vol.4

 

以前の記事にも書かせていただきましたが
iKONを、1から知りたいなら

最近、出版された雑誌の中では

こちらがイチオシです。
↓  ↓
K-POP TOP IDOLS vol.4
iKON に関する記事数、何と38P!!

 

メンバー紹介が、1人につき見開き、2ページ.

 

ちょっと、待ってください 笑

今、気づきました!!

 

ジュネのページ、「事故画像に注意!」って・・・。

本当にその通りなのですよ。

「ジュネ画像」の画像検索結果

出典 google

 

こんなに実物はハンサムなのに、本当に事故画像が多いのです。

面白い!!すみません・・・。

 

デビューまでの道のりから、

 

・「iKONの取説」

・HISTORY

・勝手にランキング

・リアルランキング

 

私が興味深く読んだのは

「iKONの凄すぎる数字」について。

 

「1から始まった、iKONの凄い記録」

 

1→ 7 → 8 → 33 →  329→ 13000→38000 等々

ネタバレになりますので、詳しくは書けませんが、ひとつだけ。

iKONが、最初に公開した「MY TYPE」のMV再生回数は

2509万回

 

5月5日時点で、この数字は驚異的ですね。

 

新人らしからぬ活躍を見せる彼らですが

こうして、数字で表されると、改めて

iKONの凄さを実感しました。

楽天ブックス での購入は、こちら ♪

↓  ↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

K-POP TOP IDOLS(vol.4)
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/9/25時点)

 

 

Amazon

↓  ↓

K-POP TOP IDOLS(vol.4)

 

ハンビン

そして、iKONの皆、頑張って!!!

 

 

10/6 追記

 

ここ1週間ほど

iKONを特集している雑誌を、いくつか見つけました。

 

お勧めは、この2点です。

 

イチオシ♪

↓  ↓

 

 

Amazonの商品説明記事をお借りしました

 

巻頭は2015年9月にデビューしたiKONの入魂大特集。音楽番組やダウンロードサイトの1位を独占し、あっという間にトップアイドルなった彼らの魅力を徹底分析。また大人気の永久保存版ラミネートを始め、最新の写真、そしてデビュー前のレア写真が満載。さらに、メンバーのディープなプロフィールやWINNER&BIGBANGとの知られざるエピソードを紹介、iKONの魅力をあらゆる角度からチェックする。また、今最もアツいボーイズグループの記事やK-POPニュースもたっぷり。 目次 iKON 完全保存版 ラミネートファイル/WHO’S iKON?誰も知らないiKONの素顔/年表と写真でチェック! iKONの魅力/7人の7つの魅力 iKONプロフィール分析/ライバルで兄弟! iKON vs WINNER/iKONが目指すK-POP界の頂点 iKON&BIGBANGの絆/iKON日本デビューアルバム完全レビュー 絶対に聴いてください! /WHO’S №1? iKONの何でもランキング! /大胆予想! iKONの未来/最高のスーパーアイドルを探せ! EXO/防弾少年団/BTOB/GOT7/Block B/B.A.P/目標は○○先輩です!! SEVENTEEN・MONSTA X・TWICE/こう見ればもっと楽しい 演技ドルの演技を10倍楽しむ!!/K-POP禁断のライン 親友!?悪友!?危うい関係!?/新たな道へ、新たな姿で あの人たちの選択と夢/K-STAR NEWS

スポンサーリンク


免責事項
当ブログ記事の内容は、信頼できると考える原資料およびその他の情報源から作成しておりますが、 その正確性、有用性等のいずれについても保証するものではありません。 何らかの不都合・不利益が発生することが生じても、理由の如何を問わず、責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

関連記事

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る