BTS ビルボードミュージックアワード2017(BBMAS)へ

スポンサーリンク

2017/ 5 /9

ビルボードミュージックアワード2017
(The 2017 Billboard Music Awards)

防弾少年団(BTS、バンタン)が

ついに招待されました!
https://twitter.com/bts_bighit/status/861747771669233664

 

2017 5 19(金)出国

午後出国とのことでしたが

一時間ほど前から、仁川国際空港から出国する

バンタンの画像がupされています。

※画像をお借りします

 

「ビルボード・ミュージック・アワード」

への招請は、K-POPグループとして

は初めてのことです。
まさに、快挙ですね!
「トップ・ソーシャル・アーティスト(Top Social Artist)」部門にノミネート

防弾少年団(BTS、バンタン)が、候補と

なっている

「トップ・ソーシャル・アーティスト(Top Social Artist)」部門
他の候補者は、驚くようなメンバーです。

 

ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)

セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)

アリアナ・グランデ(Ariana Grande)

ショーン・メンデス(Shawn Mendes)

 

「トップ・ソーシャル・アーティスト」

部門とは?

2016年3月18日から2017年3月16日までアルバム及びデジタル音源販売量、ストリーミング、ラジオ放送回数、公演及びソーシャル参加指数と、5月1日から行なわれたグローバルファン投票を合計して最終的な受賞者を選出する。

出典 korepo様

ファンの投票によって決まる、という、この賞。

今、A.R.M.Y.さん達は、一致団結して

、タグ付けツイートと

動画再生、投票を頑張っています。

 

過去に受賞したのは、

ジャスティン・ビーバーのみなんですね。

 

今年は、バンタンが受賞できたら、

世界中で大騒ぎでしょう!

 

20170520(土)会場の様子

 

 

会場の準備も進んでいます。

会場は、ラスベガスのT-モバイル・アリーナ

です。

 

※画像をお借りします。

せっかくですから最近の彼らの写真を

使って欲しかったような…(-_-;)

これはこれで、可愛いですけどね(笑)

 

スポンサーリンク

記事後半に続きます~

バンタン、ラスベガスに到着しました。

 

 

アメリカのマッカラン国際空港に到着した

バンタンの姿です。

 

早速、フォトセッションへと進んでいますね。

出典 Twitter

 

こちらまで、ワクワクドキドキしてきます✴。

 ビルボード公式サイト

BTS Is Getting Ready for the 2017 BBMAs in Las Vegas | Billboard Music Awards

2017 Billboard Music Awards

 

BBMAs Stars Are Getting Pumped for the Magenta Carpet

 

 

バンタンツイート

 

9時28分

バンタンツイート

https://twitter.com/BTS_twt/status/865725815538962432

 

ライブストリーミング

ライブストリーミング

↓  ↓

http://www.k-popstream.com/2017/05/live-2017-billboard-music-awards-with.html?m=0

 

2017 05 21(日)

オフィシャルツイート

母娘共に、リアルタイムでの視聴は

難しそうです(T_T)

 

Billboardコラムニストが語る“防弾少年団のアメリカでの成功の秘訣”

 2017.04.11

現在40万人を動員する世界ツアーを敢行中で、先日、南米・北米ツアーを成功させたばかり。昨年リリースのアルバム『WINGS』がBillboardのアルバムランキング“Billboard 200”にて26位を獲得し、韓国アーティストとして初の記録を樹立。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで全世界を席巻している防弾少年団(BTS)について、米BillboardのK-popコラムを執筆している Tamar Herman氏に話を聞いた。

 

―アメリカでK-POPが注目されたのはいつごろから?

K-popが盛り上がり始めたのは、YouTubeやSNSによって韓国のコンテンツにアクセスし易くなった2008~2009年頃のことです。K-pop産業や音楽について知っている人は以前からいましたが、K-popと韓流が相まって、特にTVドラマなどが流行り始めたのがこの頃です。韓国のカルチャーに特化したニュースサイトなどはあったものの、この頃からメインストリームのメディアも採り上げるようになりました。

 

―そんな中、昨年10月に防弾少年団(BTS)が韓国アーティストとして初めてBillboard200で26位を獲得しました。

BTSの成功は、作品ごとに少しずつ積み上げられたもので、「Blood Sweat & Tears」が出てきた時は、チャート上位に入らない筈がないと思われるまでになっていました。実際に26位にランクインしたのは驚くべきことで、BTSや他の韓国アーティストたちがアメリカでファンベースを築こうと長年努力してきた結果だと思います。BTSは幾度にもわたってファンのお蔭だと公言していますし、私もその通りだと思います。それまでも韓国からは素晴らしい歌の数々が出てきていましたが、アメリカのファンの規模がそれほど大きくなかったのです。現在では、K-popアーティストはBillboardチャートに頻繁に登場するようになりました。多くのアーティストにとって、Billboardは今でもランクインが難しいチャートではありますが、『WINGS』は多くのK-popファンの共感を呼び、それが26位にまで押し上げたのです。

 

―今回のツアーでは、南米・北米を合わせて9公演14万人を動員。BTSの魅力はどこにあると思いますか

コンセプトやリアルな歌詞に徹底的に拘っているところと、パフォーマンスのカリスマ性ではないでしょうか。

BTSは初めから自らをK-pop界の反逆者(rebel)として位置付けていて、他のアーティストが滅多に触れないような題材について歌っていましたし、まだ韓国で人気が出る前の様々な最先端の音楽スタイルを他のアーティストに先駆けて採り入れていました。それと審美的に美しいミュージック・ビデオとが相まって、K-popの通常の枠を超えているのだと思います。

 

―どのように受け入れられているのでしょう

BTSがアメリカのK-popのシーンにおいて、ここまで早く主力アーティストになれたのは魅力的なことで、タイミングや場所が最適だったこともあると思います。もっとキャリアや知名度のあるアーティストが兵役でシーンを離れたり、新譜が出るまで時間を要している中で、BTSの質の高い素晴らしい作品は、K-popの次の大物を探しているファンにとって完璧なものだったのです。

他のボーイズ・グループと同様に、80年代以降に生まれたデジタル世代の女性のファンが多いですが、同じ世代の男性も確かに多くいます。人種的には非常に多様です。

 

―俳優のラッセル・クロウがカイリー・ロジャーズにBTSのチケットをプレゼントしたと話題ですが

その他にも、ティナーシェ(Tinashe)、ケラーニ(Kehlani)、チャーリー・プース(Charlie Puth)などが、BTSのことをTwitterで知った後で口にしていましたよ。

 

高校時代にK-POPに出会い、大学時代に韓国の音楽やK-pop業界について執筆を始めたというTamar氏に、防弾少年団の今後について聞いた。

「英語圏以外の音楽がアメリカにおいてメインストリームに入り込むのは非常に珍しいことなので、今後どうなるかはわかりません。でも、BTSは短期間で本当に多くのことを達成しているので、未来はわかりませんよ!」

防弾少年団(BTS)が、アメリカのメインストリームに肩を並べるのも時間の問題かもしれない。

出典  UNIVERSAL MUSIC JAPAN

 

スケジュール(日本時間)
・レッドカーペット

5/22 AM 7時~
・授賞式スタート

5/22 AM9時~

 

・投票締め切り

5/22 AM10時
#BTSBBMA
さぁ、バンタンにとっての夢の舞台が

始まります。

後ろ髪をひかれますが……仕事をしなければ。

何だか泣きそうですね。

リアタイ応援が出来ませんが、

皆、楽しめますように(о´∀`о)

 

結果は、次の記事へ

↓  ↓

BTS BBMA2017 ビルボード受賞

※このブログに掲載の画像・動画・記事等の

著作権は全て出処である元に帰属します。

ロゴ削除、2次加工、商業利用はおやめくだ

さい。

 

 

スポンサーリンク


免責事項
当ブログ記事の内容は、信頼できると考える原資料およびその他の情報源から作成しておりますが、 その正確性、有用性等のいずれについても保証するものではありません。 何らかの不都合・不利益が発生することが生じても、理由の如何を問わず、責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

関連記事

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る