SHINeeジョンヒョンさん ご冥福をお祈り致します

スポンサーリンク

SHINee ジョンヒョンさんが

死去されました。

 

2017.12.19ファンの皆様へ

エスエム・エンタテインメントです

あまりにも胸が痛み、悲痛な訃報をお伝えすることになり、申し訳ございません。

12月18日、SHINeeのメンバーであるジョンヒョンが突然私たちの傍から離れていきました。

故人はソウル清潭(チョンダム)の宿泊施設で倒れたまま発見され、近くの大学病院に運ばれましたが、18日の夕方に死亡判定を受けました。

最愛の息子と弟を亡くした遺族の悲しみとは比較できませんが、長い時間を共に過ごしてきたSHINeeのメンバーたちと私たちエスエム・エンタテインメントのアーティストたちおよび従業員みな、あまりにも大きな衝撃と悲しみの中に故人を追悼しております。

ジョンヒョンは誰よりも音楽を愛し、常にベストを尽くしてステージに立つ最高のアーティストでした。

ジョンヒョンに惜しみない愛を送ってくださったファンの皆様に悲しい報せをお伝えすることとなり、さらに胸を痛めております。

突然すぎる悲報に大きな悲しみの中にある遺族が故人を敬虔に追悼するために、デマや憶測報道は控えていただけますよう、懇切お願いいたします。

遺族の意に沿って、葬儀は家族親族と会社の同僚たちが参加し、可能な限り静かに行わせていただく予定です。

もう一度、故人の最期の逝く道に深い追悼の意をお送りいたします。

 

出典        SHINee official website

 

自殺だとする報道が、

ほぼ100パーセントですが。

 

考えられる原因も

 

うつ病を患っていた

音楽面で悩みを抱えていた

等。

 

ですが、公式発表にもあったように

デマや憶測は控えたいですね。

 

ただただ、残念でなりません。

 

類まれなる才能の持ち主だと

思って見ていたからです。

 

メインボーカルである

ジョンヒョンくんを

始めとした、

SHINeeの素晴らしさについて

 

以前から、こちらのブログでも、記事を書きたい

と思っていたのですが。。。

SHINeeとは?

SHINeeは2008年に韓国でデビューし、数々のアワードで「最優秀新人賞」を始めとした多数の賞を受賞。その3年後である2011年に1stシングル「Replay-君は僕のeverything-」で日本デビューを果たすと、オリコンでは最高位2位を獲得。その後もリリースするシングルが続々とオリコンTOP3へランクインする快挙を記録し、日本への進出でも成功を収めたのだった。

甘いルックスはもちろんのこと、パワフルな歌唱力と優雅なダンスパフォーマンスの融合で人々の心を虜にし、その人気ぶりはアジアのみならずヨーロッパや世界各国でも証明済み。今年2017年には日本でのデビュー5年目を迎え発表した5thアルバム『FIVE』を引っ提げ、全国ツアー「SHINee WORLD 2017~FIVE~」を開催。全国各地の公演でファンたちを大きく沸かせる圧巻のパフォーマンスを披露した。

またつい先日には、2018年2月に『SHINee WORLD THE BEST 2018~FROM NOW ON~』の東京ドーム公演、京セラドーム大阪公演の開催決定を発表したばかりということもあり、ジョンヒョンの訃報に心を痛めずにはいられない。

出典 MTV JAPAN

 

アジア人とは思えぬ、

リズム感、グルーヴ感、

圧倒的な歌唱力。

 

これは、並み居る先輩方を差し置いて

SMの中でも、ナンバー1を争えるのではない

でしょうか?

(独断ですが)

 

それを、ダンスしながら、繰り出せる

のですから。

しかも、日本語も上手でした。
 
こちらは、日本デビューシングル
↓  ↓

SHINee – JAPAN DEBUT SINGLE 「Replay -君は僕のeverything-」Music Video

 

 

加えて、彼は、作詞作曲が出来るのです。

 

ある意味ライバル会社でもある

YG所属の、リ・ハイに

楽曲を提供しています。

 引用元 Youtube R 61 様

 

この「ため息」は

ジョンヒョン作の楽曲です。

 

リハイの代表曲ともいえるでしょう。

 

 

これらについては、少しずつ

加筆させていただきますね。

 

推しい逸材を失いました。

本当に残念でなりません。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

深夜の独りごと~

 

「ため息」を聴くと

彼の繊細さや、優しい人柄が

悲しくなるほどに伝わってきます。

 

私は、職業柄、メンタルを崩してしまっている

方々とお会いする機会も多いのですが。

 

その方々は、本当に、優しくて

生真面目な「良い人」

そして、才能あふれる人が

多いのです。。。

 

 

そんな人々をこれ以上

失ってはいけない。

 

そして、同時に
 

「助けてあげられなかった」

「もっとこうしていたら」

「ああしていたら。。。」
 
という、周囲の人達の

自責の念や、地獄のような苦しみが

始まり、これが

ずっと続くのです。

 

そんな不幸な出来事は

絶対に無くしていかなくてはいけない。

 

深夜、いえ、もう朝になりますね。

そんなことを、ジョンヒョンくんから

改めて教わったような気がします。

 

ジョンヒョンくん。

 

お疲れ様。

安らかにお眠りください。

 

※ 12時15分 追記
 
友人に託した、という「遺書」が

公開されました。

【Dear Cloud ナインが公開したジョンヒョンの遺書】

僕は内側から壊れた。
ゆっくり僕を食い荒らした憂鬱は結局僕を飲み込み、僕はそれに勝てなかった。
僕は僕を憎んだ。途切れる記憶を握り、いくらしっかりしなきゃと叫んでも答えはなかった。
詰まった息を楽にしてあげられないなら止めたほうがいい。
僕に責任が持てる人は誰かと聞いた。
あなただけだ。
僕は完全に一人だった。

終らせるという言葉は簡単だ。
終らせることは難しい。
それが難しくて今まで生きてきた。
逃げることだと言われた。
そう、僕は逃げたかった。
僕から。
あなたから。
誰かと聞いた。僕だと言った。また僕だと言った。そしてまた僕だと言った。
なぜ何度も記憶を失うのかと言われた。性格のせいだと言われた。そうですね。結局全部僕のせいですね。
気付いてほしかったけど、誰も知ってくれなかった。僕に会ったことがないから僕がいるのも知らなくて当然。
なぜ生きるか聞いた。ただ。ただ。みんなただ生きていると言った。
なぜ死ぬのかと言われたら、疲れたからと言いたい。
苦しめられて悩んだ。もううんざりな痛みを歓喜に変える方法は学んだこともなかった。

痛みは痛みでしかない。
そうしないでと僕を責めた。
なんで? どうして僕は自分の思い通りに終わらせてはいけないのですか。
なぜ辛いのか考えなさいと言われた。
とてもよく分かっている。僕は僕のせいで辛い。全部僕のせいで僕が悪いのだ。
先生、こんなことが聞きたかったんですか?
いいえ。僕は何も間違っていません。
落ち着いた声で僕の性格のせいだと言ったとき、医者ってとても楽なもんだなと思った。

なぜここまで辛いのか不思議なくらいだ。僕より辛い人々もちゃんと生きているのに。僕より弱い人もしっかり生きているのに。
違うかもしれない。生きている人の中で僕より辛い人はいないし、僕より弱い人もいない。
それでも生きていけと言われた。
なぜそうしなきゃいけないのか数百回聞いても僕のためではない。あなたのためだ。
僕のためと思いたかった。
知らないくせに勝手に言わないで。
なぜしんどいか考えてみなさいなんて。何回も言っただろう。なぜ僕がしんどいか。それだけでこんなに辛くてはいけないのか? もっと具体的なドラマが必要なのか? もっとエピソードがあってほしいのか?
もう言っただろう。もしかしたら聞き流したんじゃないの? 勝ち抜くことができるものなら傷は残らない。

世界とぶつかるのは僕の分け前じゃなかったみたい。
世の中に知られるのは僕の人生じゃなかったみたい。
みんなそれで大変だと言った。ぶつかって、知られて大変だった。なぜそれを選んだのか。笑えるもんだ。
今まで耐えてきたのが不思議なくらいだ。
何をもっと言えるか。ただお疲れさまと言ってほしい。
これまでよくやったと。苦労したと言ってほしい。
笑うことはできなくても、責めて送り出さないでほしい。
お疲れさま。
本当にお疲れさま。
さようなら。

引用元 k-style

 

今の段階では、曖昧なことも多いので

はっきりとは書けませんが。

 
この遺書は、限界まできてしまった

ジョンヒョンくんの叫びですね。

 

私が渡韓していた、10~12日。
 
あの頃、同じ空の元で、彼は

どんなだったのだろう、と

考えると胸が締め付けられる想いです。

 

ファンとしては勿論ですが、一医療者

としても本当に本当に、残念で

仕方ないです。

 

SM側「SHINeeジョンヒョンの殯所、峨山病院に設ける…19日正午からファンたち弔問可能」


 

日本からも忌問のため、渡韓される方が

多いようですね。
 

こちらの情報が参考になるかと

思います。
 

ツイートをご紹介します。

↓  ↓
https://twitter.com/chongdamdong123/status/943317591187103746

 

かなえ

 

スポンサーリンク


免責事項
当ブログ記事の内容は、信頼できると考える原資料およびその他の情報源から作成しておりますが、 その正確性、有用性等のいずれについても保証するものではありません。 何らかの不都合・不利益が発生することが生じても、理由の如何を問わず、責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る