EXO、BTS、BlockB等が出演 2016 Asia Artist Awards(AAA)生中継(11/16追記)

スポンサーリンク

 韓国初のK-POP&ドラマ統合授賞式

「2016 Asia Artist Awards」(AAA)

が、本日2016/11/16 開催されます。

 

出演アーティスト~

 

<出演者1>
MC:イトゥク(SUPER JUNIOR)

、イ・シヨン 歌手:Block B、B.A.P、VIXX、AOA、防弾少年団、TWICE、SEVENTEEN、MAMAMOO、

ファン・チヨル、ハン・ドングン、GUMMY、Dynamic Duo、EXO、BLACK PINK、NCT127、宇宙少女、

BOYS AND MEN(日本)、カリル・フォン(中国・香港)

 

<出演者2> 俳優:ナナ(AFTERSCHOOL)、リュ・ジュンヨル、クァク・シヤン、パク・ヘス、シン・ヒョンス、

チン・グ、ソンフン、ナムグン・ミン、キム・ジウォン、イ・ジョンシン(CNBLUE)、パク・シネ、パク・ボゴム、

キム・ユジョン、スジ(miss A)、ユナ(少女時代)、チー・プー(ベトナム)

会場 ~

慶煕(キョンヒ) 大学にある平和の殿堂


開催日~

2016 11 16(水)

 

CSテレ朝チャンネルにて緊急生中継!

HPはこちら

↓ ↓

Ch.611 テレ朝チャンネル1

 日本からは「ボイメン」さんが出演!

ツイッターをお借りします。

 

ボイメンさんの、あのハイテンション、好きです 。

個人的には、バンタンよりも好感度高い位・・・(笑)

 

頑張ってほしいです。

 

https://twitter.com/tvasahi_cs/status/798461883552448513

ファン投票の人気賞

 

事前に行われたファン投票による「人気賞」

 

俳優1位   ベクヒョン(EXO)、ユナ、

歌手1位  EXO

 

バンタンは、最後まで、EXOと首位を

争ったようです。

(出典 : 엑스포츠뉴스 | NAVER TV芸能)

 

2016/11/16追記 各賞受賞者

 

※画像お借りしました

音楽賞大賞 EXO(5冠)

歌手部門 「ベストアーティスト賞」防弾少年団 TWICE

歌手部門「ベストアイコン賞」防弾少年団

歌手部門ベストエンターテイナー賞

MAMAMOO、BAP

歌手部門ベストベストセレブリティー賞
AOA、VIXX

歌手部門ベストスター賞
BlockB、Seventeen

 

「2016 Asia Artist Awards」(AAA)

大賞は、EXOでした。

EXOは、他にも、
AAAアジアスター賞
AAA Baiduスター賞
AAA人気賞など

歌謡4部門を席巻しました。
ベッキョンが、SBSドラマ

「麗[レイ]~花萌ゆる8人の皇子たち~」

で、男性俳優部門AAA人気賞を受賞

していますから、

計5冠です。

 https://youtu.be/VasogUv2CR0

 

MAMAの投票も、いよいよ大詰めですが

2016年は、EXO 対 BTS の1年だったな

という印象です。

 

まだまだ結果は、分かりませんが

今の所、あと1歩だけ、EXOに及ばず、

とても惜しい所です。

 

あとは、GOD7ですね。

彼らも、本当に成長しました。

 

カムバ時期は、少しずれていたので

分かりにくかったですが、

MAMAの投票だけ見ると、

SHINeeより、全て上位にランクイン

しています。

 

 

さて、ここから、年末まで

音楽祭、賞レース合戦が続きますから

ドキドキハラハラ、楽しみですね。

 

AAAの受賞コメントを

Mion様が、訳してくださいました。

Twitterをご紹介します。
(Mion様、ありがとうございます)

https://twitter.com/tvxq4bts57/status/799197832439689216

 

記事後半に続きます~

スポンサーリンク

 

音楽祭を韓国で観覧するには?(作成中)

 

今、情報収集の途中です。

参考になるブログをご紹介させていただきます。

↓  ↓

年末にむけて…韓国のライブに参戦するとどれくらいかかるの?シミュレーションしてみた

 

 

代行さん一例

 

11/19 MMA

↓  ↓

ワッタ〜ガッタ〜韓国 韓国音楽番組観覧代行 &韓国イベント情報

TICKET MARKET

 

2016 SBS 歌謡大典

↓  ↓

2MS

 

 

ソウル歌謡大賞

↓  ↓

 

 その他


レッドカーペットの、様子

※画像をお借りしました

 

※このブログに掲載の画像・動画・記事等の

著作権は全て出処である元に帰属します。

 

 

スポンサーリンク


免責事項
当ブログ記事の内容は、信頼できると考える原資料およびその他の情報源から作成しておりますが、 その正確性、有用性等のいずれについても保証するものではありません。 何らかの不都合・不利益が発生することが生じても、理由の如何を問わず、責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る